【千本鳥居】全国シリーズ5(大分県・熊本県人吉市)

扇森稲荷神社 大分

(出典 https://www.google.com/)

全国にある千本鳥居の中で今回は

・扇森稲荷神社(大分県竹田市)

・青井稲荷神社(熊本県人吉市)

・老神神社内 稲荷神社(熊本県 人吉市)

をお届けします。

国宝になっている青井阿蘇神社の
 茅葺(かやぶき)屋根は
心が和みます。

スポンサーリンク
レクタングル 大

扇森稲荷神社(大分県竹田市)

扇森稲荷神社 大分

(出典 https://www.google.com/)

扇森稲荷神社は、
(おうぎもりいなりじんじゃ)
日本10大稲荷の1つになっています。

階段を上がりながら、千本鳥居を
通っていきます。

足元に気を付けてください。

かなりの距離があって、朱色の鳥居に
圧巻します。

千本鳥居をくぐることで

「運が開ける」と言われています。

地元の人からは、 扇森稲荷神社は

「こうとうさま(狐頭様)」と」と
呼ばれています。

ご利益は、「商売繁盛」「家内安全」

「学業成就 」などです。

新年や初牛祭 には、
全国から多くの 人が
参拝に 訪れます。

【御朱印】

扇森稲荷神社 大分

(出典 https://www.google.com/)

頂けます。

【アクセス】

住所:大分県竹田市大字拝田原字桜瀬811
TEL:0974-63-1588

【電車】

JR九州豊肥本線
「玉来駅」から車で5分
(徒歩約20分です。)

【車】

駐車場 500台停められます。
無料です。

青井稲荷神社(熊本県人吉市)

青井稲荷神社 熊本
(出典 https://www.google.com/)

青井稲荷神社
(あおいいなりじんじゃ)は、
青井阿蘇神社内にあります。

千本鳥居は、間隔が広くなっていて、
木に覆われています。

平坦なところを通っていくので
歩きやすいと思います。

・本伝

・廊

・幣殿

・拝殿

・佐倉紋

の五棟一連の社殿は、
国宝指定になっています。

806年に創建されました。

1609年から4年間かけて造営されました。

屋根が 茅葺(かやぶき)に
なっています。

青井稲荷神社 熊本

(出典 https://www.google.com/)

重厚感がたっぷりです^^

さすが、国宝といった感じです。

最近では、かやぶきの屋根を
見ることもすっかり減ってしまいました。

茅葺屋根は、温かみがあって
見ていると気持ちが和みます。

古くから地元の人に、

「青井さん」

と呼ばれ親しまれています。

ご利益は、「試験 合格」「商売 繁盛」
「 厄除け」「交通安全」などです。

【御朱印】

青井稲荷神社 熊本
(出典 https://www.google.com/)

頂けます。

「御朱印受付」と書いてある授与所が
楼門を入ってすぐにあります。

御朱印帳が黒に龍が描かれています。

男性の方にピッタリだと思います。

オシャレでカッコ良いです!

【アクセス】

所在地:熊本県人吉市上青井町118
TEL:0966-22-2274

【電車】

JR九州
「人吉駅」から徒歩5分

【車】

無料駐車場があり、約30台停められます。

老神神社内 稲荷神社(熊本県人吉市)

老神神社 熊本

(出典 https://www.google.com/)

老神神社(おいがみじんじゃ)内にある
稲荷神社に千本鳥居があります。

少し間隔が空いていてカーブになってます。

平坦なところに千本鳥居は建ててあります。

歩きやすいと思います。

現在の本殿は、1628年(寛永5年)に
建てられたものです。

国指定重要文化財に指定されています。

参道の真ん中に燈籠があります。

よそ見をしたり、
下を向いて歩いていたら
ぶつかりそうになります。

気を付けましょう。

老神神社(おいがみじんじゃ)内には、

・千本鳥居がある稲荷神社

・ミニ鳥居がある淡島神社

・西南戦争の銃痕がある菅原神社

・弁財天

などもあります。

地元の方が 大切に守っている
感じがする神社です。

【御朱印】

不明です。

【アクセス】

住所:熊本県人吉市老神町

TEL:0966-22-2324

【電車】

JR九州
「人吉駅」から徒歩11分

【車】

駐車場あります。

まとめ

全国にある千本鳥居の中の

・扇森稲荷神社(大分県竹田市)

・青井稲荷神社(熊本県人吉市)

・老神神社内 稲荷神社
(熊本県 人吉市)

についてお届けしました。

千本鳥居もあって、
国の重要文化財も見ることが
できて、一石二鳥どころではない
価値を体験できます。

かやぶきの屋根の温かみが
とても印象に残りました。

最後までご覧頂きまして
ありがとうございました。