東京都の金運・財運アップ神社オススメ【9選】

小網神社

東京都の金運・財運アップ神社

・小網神社(こあみじんじゃ)
・穴八幡宮(あなはちまんぐう)
・皆中稲荷神社(かいちゅういなりじんじゃ)
・明治神宮(めいじじんぐう)
・葛西神社(かさいじんじゃ)

・品川寺(ほんせんじ)
・品川神社(しながわじんじゃ)
・福徳神社・芽吹稲荷(ふくとくじんじゃ・めぶきいなり)
・芝大神宮(しばだいじんぐう)

【9選】をお届けします。

各金運神社の特徴、パワースポット、
アクセス、駐車場情報などをまとめました。

参考にしてください。

スポンサーリンク
レクタングル 大

東京都の金運・財運アップ神社【9選】

小網神社(こあみじんじゃ)

小網神社

引用

東京都中央区日本橋にある

「小網神社(こあみじんじゃ)」。

強運・金運アップ・財運・厄除けなどの
ご利益があると言われている金運神社です。

特に強運の神社として

・東京大空襲の時でさえ、
社殿は奇跡的に火災を免れた。

・太平洋戦争の最中に、
神社でお祓いを受けて、強運厄除守りを
身につけて出征した兵士全員が無事に
帰還した。

と言われています。

また、社殿の向拝に左右に龍の彫刻があります。

天に昇る姿と天から降りる姿が対になっいます。

「昇り龍」「降り龍」
強運厄除として崇められています。

そんな強運神社・小網神社(こあみじんじゃ )の
最強の金運アップのパワースポットが
社殿の左側にある

「東京銭洗い弁天(万福舟乗弁財天像)」

「銭洗いの井」です。

井で洗い清めた金銭を、財布に入れておくと
金運アップと言われています。

「小網神社(こあみじんじゃ)」は

「日本橋七福神めぐり」の1柱にもなっています。

「健康長寿」の他に、
「人徳」「財徳」など、徳を授けてくれる

「福禄寿さま」

が、いらっしゃいます。

機会がありましたら、ゆっくり満喫してみては
いかがでしょうか。

【アクセス】

小網神社(こあみじんじゃ)

住所:東京都中央区日本橋小網町16-23

TEL:03-3668-1080

駐車場: なし

電 車:東京メトロ日比谷線「人形町駅」A2出口より徒歩5分
    都営浅草線「人形町駅」A5出口より徒歩7分
    東京メトロ半蔵門線「水天宮前駅」8出口より徒歩10分
    東京メトロ東西線「茅場町駅」10出口より徒歩15分

公式サイト:小網神社(こあみじんじゃ)

>>小網神社 周辺の観光スポットはこちら<<

穴八幡宮(あなはちまんぐう)

穴八幡宮

引用

東京都新宿西早稲田にある

「穴八幡宮(あなはちまんぐう)」。

江戸時代より庶民の信仰を集め、
蟲封じ(むしふうじ)、商売繁盛、
出世、開運などのご利益があると言われ、
金運神社として知られています。

その穴八幡宮(あなはちまんぐう)
の金運アップアイテムが

「一陽来復(いちようらいふく)御守」です。

毎年12月の「冬至」~翌年2月3日の「節分」までの
約2か月間だけ授かることができます。

さらに飾る日時・場所・時間・方角も決まっています。

・日にち:冬至・大晦日・節分のいずれか

・時間:夜中の12時

・飾る場所:柱か、壁の高いところ( 天井付近)で
その年の恵方に向ける

貼り方や、方角が分からない方も大丈夫です。

お守りを購入した際に、一緒に貼り方や今年の恵方が
書かれている紙を頂けます。

「一陽来復(いちようらいふく)御守」は、

家の壁に貼るもの以外にも、お財布に入れられる
懐中お守りもありますので、一緒に揃えるとさらに
金運がアップするかもしれません。

この期間中は、初日や土日ど、
1~2時間ぐらいの行列が出来て
大変混み合います。

出来れば、平日に行くと良いでしょう。

時期が寒いので、温かくしてお出かけください。

【アクセス】

穴八幡宮(あなはちまんぐう)

住所:東京都新宿区西 早稲田2-1-11

TEL:03-3203-7212

駐車場:なし

電 車:東京メトロ東西線「早稲田駅」下車 徒歩3分

公式サイト:なし

>>穴八幡宮 周辺の観光スポットはこちら<<

皆中稲荷神社(かいちゅういなりじんじゃ)

皆中稲荷神社

引用

東京都新宿にある
「皆中稲荷神社(かいちゅういなりじんじゃ)」。

その昔、なかなか上達できない鉄砲隊の1人が
この神社でお参りし、射撃をすると
百発百中!

全て的中させることができたことから、
多くの人が祈願したと言われています。

そして「皆中」「みなあたる」と読めることから
金運神社として、知られるようになりました。

勝運・金運アップ・宝くじ当選、合格祈願などの
ご利益があると言われています。

さらに、コンサートなどのチケットも当たるようにと
祈願される人も多くいらっしゃいます。

皆中稲荷神社(かいちゅういなりじんじゃ)の
人気の金運アップアイテムが

・宝くじ的中根付けお守り・皆中勝お守のセット

・宝くじ入れ

です。

「福まねきみくじ」は
招き猫のおみくじになっています。

【アクセス】

皆中稲荷神社(かいちゅういなりじんじゃ)

住所:東京都新宿区百人町1-11-16

TEL:03-3361-4398

駐車場:なし

電 車:JR山手線「新大久保駅」より徒歩1分
    JR中央線「大久保駅」より徒歩2分

公式サイト:皆中稲荷神社(かいちゅういなりじんじゃ)

>>皆中稲荷神社 周辺の観光スポットはこちら<<

明治神宮(めいじじんぐう)

明治神宮

引用

東京都渋谷区にある

「明治神宮(めいじじんぐう)」

初詣の参拝者は日本一と言われ、
明治天皇と皇后が祀られています。

金運アップ・商売繁盛のご利益があると言われ
多くの方が訪れる金運神社です。

広大な鎮守の森の中にあり、
東京の都心にいることを忘れさせてくれる
静寂さがあります。

明治神宮(めいじじんぐう)の
パワースポットが

「清正の井戸」です。

本殿の御苑北門の看板を進み、
鳥居をくぐったらすぐのところにあります。

名将:加藤清正が造成したと言われていますが、
その真意は不明です。

明治神宮は富士山からの「気」が流れる龍脈の上に
建って いて、その気が湧水となって出ていところが
「清正の井戸」とされています。

【アクセス】

明治神宮(めいじじんぐう)

住所:東京都渋谷区代々木神園町1-1

TEL:03-3379-5511

駐車場:有り(第1駐車場:約60台、
    第2駐車場:約30台
    第3駐車場:約30台

※土日などは、混雑して止められない場合が
あります。

電 車:JR山手線「原宿駅」より徒歩約10分

公式サイト:明治神宮(めいじじんぐう)

>>明治神宮 周辺の観光スポットはこちら<<

葛西神社(かさいじんじゃ)

葛西神社

引用

東京都葛飾区にある

「葛西神社(かさいじんじゃ)」。

1185年頃(平安時代の末期)に
創建されたと言われています。

金運を高めるパワースポットとして、
注目され、金運アップ・財運アップ・宝くじ当選、
商売繁盛などのご利益があると言われている
金運神社です。

・金町弁財天と書いてある金色の「金運お守」

・金町弁財天の織絵馬

は、金運アップを高める人気の
アイテムとなっています。

「葛西神社(かさいじんじゃ)」は、
神社全体が強いパワーがあると
言われています。

元気が出ない方は、一度訪れて
パワーを頂いてみてはいかがでしょうか?

【アクセス 】

葛西神社(かさいじんじゃ)

住所:東京都葛飾区東金町6-10-5

TEL:03-3607-4560

駐車場:有り(12台)

電 車:JR常磐線・京成線
「金町駅」より徒歩約10分

公式サイト:葛西神社(かさいじんじゃ)

>>葛西神社 周辺の観光スポットはこちら<<

品川寺(ほんせんじ)

品川寺

引用

品川寺は、
「ほんせんじ」と読みます。

創建は大同年間(806~810)といわれ、
歴史のあるお寺です。

10月には、江戸時代から続いている
火渡りの荒行修行が行われます。

・毘沙門天に宝くじを供えて祈願すると良い

・「ほんせんじ」が「とうせんくじ」
響きに近い。

また、周囲に六観音が浮き出た
大梵鐘(だいぼんしょう)があります。

パリ万国博覧会に出品され、戻る途中に
行方不明になったのですが、無事に
戻ってきたことにより、

「かね戻る」お寺

として、金運アップのお寺として
評判になりました。

【アクセス】

住所:東京都品川区南品川3-5-17

TEL:03-3474-3495

駐車場:有り

電 車:京浜急行「青物横丁駅」下車
    徒歩約5分

公式サイト: 品川寺(ほんせんじ)

>>品川寺周辺の観光スポットはこちら<<

品川神社(しながわじんじゃ)

品川神社

引用

品川神社は、
文治3年(1187年)に創建されました。

大正14年に建造された龍が彫ってある
「双龍鳥居」が見事です。

富士山を見立てた「富士塚」があります。

急な階段になりますが、登った後は、
品川の景色が一望できます。

品川神社は、東海七福神の1社で、
入口に大黒天を祀っています。

【金運アップパワースポット】

1、一粒萬倍の泉

一粒萬倍の泉

引用

品川神社には阿部稲荷神社があります。

上社と下社があり、
階段を下りた下社に

「一粒萬倍の泉」があります。

手前にあるザルにお金や印鑑を入れて、
柄杓で一粒萬倍のご神水を
注いでください。

清めたお金の一部を
新馬場駅近くの商店街で
使うと良いそうです。

また、一粒萬倍のご神水は、
持ち帰ることができます。

持ちかえったお水は

・家

・お店の入り口

・四隅

に注ぐと良いそうです。

【アクセス】

住所:東京都品川区北品川3-7-15

TEL:03-3474-5575

駐車場:有り(5台)

※2019年6月~12月まで工事中のため、利用不可

電 車:京浜急行「新馬場駅」北口下車
    徒歩約1分

公式サイト: 品川神社

>>品川神社周辺の観光スポットはこちら<<

福徳神社・芽吹稲荷(ふくとくじんじゃ・めぶきいなり)

福徳神社

引用

福徳神社・芽吹稲荷は、
(ふくとくじんじゃ・めぶきいなり)
創建の年代は不明ですが、
貞観年間(859~876)には、
すでに鎮座されていたと
伝えられています。

江戸時代には、徳川家康も参拝したそうです。

「芽吹稲荷」は、2代目の将軍 秀忠が
参拝したときに、鳥居の皮付のクヌギから
芽が吹き出ていたのを見たそうです。

それで、「福徳神社・芽吹稲荷」と
なっています。

江戸時代から、富くじを扱うことが
認められた神社と言われ、
宝くじや、懸賞など、当選祈願に
訪れる人が多いそうです。

【金運アップアイテム】

1、宝袋

宝くじや通帳など、大切な物を
入れられる袋です。

生地全体に小判がちりばめられています。

見るだけで、ご利益を頂けそうです。

【アクセス】

住所:東京都中央区日本橋室町2-4-14

TEL:03-3276-3550

駐車場:なし

電 車:JR総武線「新日本橋駅」下車
    地下鉄 銀座線・半蔵門線
    「三越前駅」下車
    ※A6出口より徒歩約5分

公式サイト: 福徳神社・芽吹稲荷

>>福徳神社・芽吹稲荷周辺の観光スポットはこちら<<

芝大神宮(しばだいじんぐう)

芝大神宮

引用

芝大神宮は、
東京のお伊勢さんと言われ、
伊勢神宮の神様がお祀りされています。

主祭神の

•天照皇大御神(あまてらすすめおおかみ)
•豊受大御神(とようけのおおみかみ)

を始め、

•大国主命(おおくにぬしのみこと)
•事代主命(ことしろぬしのみこと)
•倉稲魂命(うかのみたまのみこと)
•菅原道真公(すがわらのみちざねこう)
•源頼朝公(みなもとのよりともこう)
•徳川家康公(とくがわいえやすこう)

と、すごい神様がお祀りされています。

ご利益も

・金運上昇

・商売繁盛

・縁結び

・家内安全

・受験合格

・病気平癒

など、たくさんあります。

芝大神宮は、東京の
金運神社として有名です。

宝くじが日本一当たる
西銀座チャンスセンターの
スタッフ一同が、宝くじの当選祈願に
お参りするそうです。

【金運アップアイテム】

1,強運お守り

強運お守り(ごううん)
読みます。

強運よりもさらに強い運が
授かるご利益があるそうです。

すごいパワーを頂ける感じがします。

有名人も買いに訪れるそうです。

【アクセス】

住所:東京都港区芝大門1-12-7

TEL:03-3431-4802

駐車場:有り
    ※結婚式を挙げる方が優先のようです。
    問い合わせしてみてください。

電 車:JR山手線・京浜東北線
    「浜松町」北口下車 徒歩約5分

   地下鉄 浅草線・大江戸線
    「大門」A6出口下車 徒歩約1分

   地下鉄 三田線
   「御成門」下車 徒歩約5分

公式サイト:芝大神宮 

>>芝大神宮周辺の観光スポットはこちら<<

まとめ

東京都の金運・財運アップ神社

・小網神社(こあみじんじゃ)
・穴八幡宮(あなはちまんぐう)
・皆中稲荷神社(かいちゅういなりじんじゃ)
・明治神宮(めいじじんぐう)
・葛西神社(かさいじんじゃ)

・品川寺(ほんせんじ)
・品川神社(しながわじんじゃ)
・福徳神社・芽吹稲荷(ふくとくじんじゃ・めぶきいなり)
・芝大神宮(しばだいじんぐう)

オススメ【9選】をご紹介しました。

さすが、東京とあって、電車での
アクセスも便利ですね。

忙しい毎日の中で、たまにはゆっくり
お参りしてみてはいかがでしょうか?

最後までご覧頂きまして
ありがとうございました。

開運の財布



下記に全国の各都道府県の
金運神社がありますので、
併せてご覧ください。
 

  【全国 金運神社一覧】  

 北海道 北海道      
 東北 青森岩手宮城秋田山形福島 
 北陸・甲信越 新潟長野富山石川福井山梨 
 関東 東京神奈川千葉埼玉茨城栃木群馬
 東海 愛知静岡岐阜三重   
 関西 大阪京都兵庫滋賀奈良和歌山 
 中国 広島岡山山口鳥取島根  
 四国 香川徳島高知愛媛   
 九州 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島
 沖縄 沖縄      
スポンサーリンク
レクタングル 大
レクタングル 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする